[DIY] 無印 頑丈ボックスのテーブル化(ロールトップ式)

流行りの無印良品 頑丈ボックスのテーブル化にチャレンジしました。
狭い車の収納スペースを少しでも確保するため、コンパクトに収納できるロールトップテーブル式で作ります(^^)

材料

  • セリアのすのこ(30cm×37cm) 4枚
  • カバンテープ 120cm 1こ
  • 棒(長さ58cm、厚さ18mm程度のもの) 2本

すのことカバンテープはセリアで購入。
棒はホームセンターで18cm角の長い棒をカットしてもらい250円くらい。

その他、なくてもいいけどあるとよいもの。
→ ニスやみつろうクリーム(板の保護とつや出しに)
→ 便利ベルト (収納時に縛っておくもの。紐とかゴムでもOK。セリアで購入)

道具

  • やすり
  • のこぎり
  • タッカー

のこぎり、タッカーはダイソーでGET。ヤスリは家にあった。

作り方 ~ロールトップすのこを作ろう

セリア30cm×37cmのすのこがぴったりサイズ。
板のままもっていけるなら、もう一枚のすのこの板を剥がして隙間に接着すればOKなのかな。うちは小さくたためるように改造です。

板を手でバキバキ剥がして分離する。

軽くくっついているので、手でも簡単に剥がせます。
剥がれにくいものは、マイナスドライバーやハンマーを使うといいかも。

頑丈ボックスの角の丸みに合うように、斜めに角を切り落とす。

あとでヤスリで削るので適当でOK

やすりで丸みをつける。

板が柔らかいので、簡単に削れて角も丸くなります。

木工用みつろうクリーム

なくてもできるけど、板のつや出しと保護のために、家に余ってた「木工用みつろうクリーム」を一枚づつ塗り込みました。
手間を惜しまない人は、ニスを塗る方が長持ちするかも。
私は乾かすのが面倒な人なので木製品にはいつもみつろうクリーム。

左が木工用みつろうクリームを塗ったもの、右が塗ってないもの。

乾いた木の質感がしっとりつやつやになります(^^)
写真だと違いがわかりにいくかな。
ついでに塗ってるお肌もしっとりつやつやになるよ♡

120cmのカバンテープを半分にカットして、タッカーで板とテープを打ち付ける。

テープの端っこは1cmくらい折ってつけるとほつれずキレイです。
板と板の隙間は均一になるように、間になにか挟みながらやるといい。
うちはアイスの棒を使いました(笑)

横着して頑丈ボックスの上でタッカーを打ったら、針のはいりが甘かった。反省。

床に置いてシッカリ抑えて打ちつけましょう。
外れないように、念入りにバッチンバッチン。

これでロールトップすのこの完成
棒はホームセンターで58cmにカット済みなので、そのまま使います。

設置してみよう

最初に支えの棒を渡します。

これがないと、頑丈ボックスに格子状になってる部分の出っ張りがあるので、ロールトップすのこがまっすぐになりません。

その上にロールトップすのこを乗せれば、頑丈ボックステーブルの出来上がり♪

収納するときは棒を中心にして、ロールトップすのこをくるくるっと巻きつければコンパクトに収納。
便利ベルト(ゴムにマジックテープが付いたもの)でとめてます。

うちは、頑丈ボックス2つ分作ったので、ロールトップすのこを2つ巻きつけてこんな感じにまとめてます。

前回紹介した「車のインテリアバー」にすっきり収納できます。

出発の日が待ち遠しい(^.^)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします